恐怖症克服

閉所恐怖症について

症状について

50代女性です。

電車(特に特急など長く止まらないもの)、エレベーターなどの閉め切っていて、いざという時に自由に野外に出れないものに対して、身体が震え鼓動が早くなり怖くなるそうです。

数日後に海の下を走る地下鉄(大阪メトロ)に乗らなければならないとの事で、症状を改善したいと思われたとのです。

 

原因について

阪神淡路大震災で家が全壊して、弟さんが部屋に閉じ込められてなかなか助け出せれず、女性が何度か全力で体当たりして扉を開けようと試みるものの、女性が意識を失ってしまわれた事が一番記憶に残っているみたいです。

それ以降、ひとりで電車に乗っている時に、2回ほど意識を失って運ばれた事があるとの事です。

 

対処方法

電車が止まって、そこに海水が浸み込んできたら死んでしまうから怖い。

と言われています。

最悪の事を想定してしまう様です。

 

地震から26年以上が経って、信じ込みが強くなってしまってます。

また、ご本人は言われないですが、その信じ込みが自分を危険から回避させる為に必要と深層心理で考えている為に手放す事を無意識に拒んでられます。

 

誰かと一緒だったり、誰かに電話でつながれたら不安が安らぐとの事です。

 

まずは女性の信じ込みを分解していきます。

信じ込みが変わるだけで、症状が変わる事があるからです。

 

ここからはワークを行います。

ただし、100⇒0 ではなく、一部を軽減する方針でと女性に提案して同意ももらった上です。

 

この時点ではまだ、信じ込みがなくなるのに不安を抱かれているので、安心してもらう為です。

 

40-50分でのワークで、恐怖症の症状はセッションの前から40%くらいになったとおっしゃってます。

 

後日、海の下の地下鉄(大阪メトロ)往復できたと報告いただきました。

 

しばらく経ってから回数を重ねて少しづつ症状を軽減していきます。

 

 

 

-恐怖症克服